10万キロ、過走行のハイエースの売却を有利にするには

中古車市場では、走行距離は、年式よりも重要視されることも少なくありません。
10年落ちの中古車よりも10万キロ以上走った中古車の方が評価が低くなることも少なくなく、買取価格の減額も大きくなる傾向にあります。
中古車としての走行距離は、その車の価値に大きく左右される要素で、10万キロというのは節目にもなります。すなわち、10万キロ以上走っている中古車は、中古車としての重要が少なくあり、査定価格が減額されることが多くなるという事です。

 

では、ハイエースではどうなのでしょうか?
中古車として人気がある200系ハイエースも発売から10年以上たち、過走行車も多くなってきています。特に年式はそれほど古くなくても走行距離が多いハイエースも多く、10万キロを超えるハイエースの中古車も多いのではないでしょうか?

 

そこで、10万キロ超のハイエースの売却をお考えの方に、少しでも有利な査定が出来る情報を紹介しています。10万キロと言っても毎日車を乗る方なら2年、3年で10万キロを超えることもあります、早ければ1年で10万キロを超えることもありますよね!
逆に休日だけしか乗らない方なら、10万キロまで10年以上かかることもありますので、一概に10万キロ走行のハイエースと言っても年式や程度も様々です。

 

仮に2年落ちで10万キロ超のハイエースなら高い査定価格も期待できます。最近の自動車は、10万キロくらいではエンジンがへたることもほとんどありません。また、ハイエースでも人気のディーゼル車なら10万キロから調子が出てくるとまで言われています。
ディーゼルエンジンの特徴としては丈夫で長持ちですね!ですのでハイエースディーゼルの10万キロ超の中古車というのは、それほど神経質にならなくとよいのですが、実際は、購入する側には、10万キロというのはイメージも良くなく敬遠されることが多いので、中古車販売価格も安くなる傾向にあります。という事は、中古車買取価格も実際よりも安くなる傾向になります。

 

そこで、当サイトでは、10万キロ以上走行したハイエースの中古車売却でふりにならない為の方法を紹介しています。
やはり、中古車の売却で有利にするためにしなければいけないことは、複数の業者への査定ですね!これさえできれば、10万キロ以上走ったハイエースも適正価格、相場よりも高く売ることが可能になると思います。
その方法が、車買取一括査定サイトですね!
その中でもハイエースの買取に実績が豊富な業者の提携数が多く、過走行車買取にも積極的な業者が多いサイトを選べば、損をすることはないと思います。
ただし、100系ハイエースの10万キロ以上の走行車は、期待するほどの買取価格は出なくなっているようです。