10万キロ、過走行のハイエースの売却を有利にするには

中古車市場では、走行距離は、年式よりも重要視されることも少なくありません。
10年落ちの中古車よりも10万キロ以上走った中古車の方が評価が低くなることも少なくなく、買取価格の減額も大きくなる傾向にあります。
中古車としての走行距離は、その車の価値に大きく左右される要素で、10万キロというのは節目にもなります。すなわち、10万キロ以上走っている中古車は、中古車としての重要が少なくあり、査定価格が減額されることが多くなるという事です。

 

では、ハイエースではどうなのでしょうか?
中古車として人気がある200系ハイエースも発売から10年以上たち、過走行車も多くなってきています。特に年式はそれほど古くなくても走行距離が多いハイエースも多く、10万キロを超えるハイエースの中古車も多いのではないでしょうか?

 

そこで、10万キロ超のハイエースの売却をお考えの方に、少しでも有利な査定が出来る情報を紹介しています。10万キロと言っても毎日車を乗る方なら2年、3年で10万キロを超えることもあります、早ければ1年で10万キロを超えることもありますよね!
逆に休日だけしか乗らない方なら、10万キロまで10年以上かかることもありますので、一概に10万キロ走行のハイエースと言っても年式や程度も様々です。

 

仮に2年落ちで10万キロ超のハイエースなら高い査定価格も期待できます。最近の自動車は、10万キロくらいではエンジンがへたることもほとんどありません。また、ハイエースでも人気のディーゼル車なら10万キロから調子が出てくるとまで言われています。
ディーゼルエンジンの特徴としては丈夫で長持ちですね!ですのでハイエースディーゼルの10万キロ超の中古車というのは、それほど神経質にならなくとよいのですが、実際は、購入する側には、10万キロというのはイメージも良くなく敬遠されることが多いので、中古車販売価格も安くなる傾向にあります。という事は、中古車買取価格も実際よりも安くなる傾向になります。

 

そこで、当サイトでは、10万キロ以上走行したハイエースの中古車売却でふりにならない為の方法を紹介しています。
やはり、中古車の売却で有利にするためにしなければいけないことは、複数の業者への査定ですね!これさえできれば、10万キロ以上走ったハイエースも適正価格、相場よりも高く売ることが可能になると思います。
その方法が、車買取一括査定サイトですね!
その中でもハイエースの買取に実績が豊富な業者の提携数が多く、過走行車買取にも積極的な業者が多いサイトを選べば、損をすることはないと思います。
ただし、100系ハイエースの10万キロ以上の走行車は、期待するほどの買取価格は出なくなっているようです。

 

ハイエース ディーゼルは10万キロ以上走っていても高く売れる?

過走行のハイエースでもディーゼル車の場合、10万キロ以上走っていても需要が高く、高値査定が出やすいと言えます。

 

ハイエースのガソリン車とディーゼル車では新車価格で20万円程度の価格差があります。

 

ハイエースを中古車として査定に出した場合もガソリン車とディーゼル車では、20万円の差が出ることが多く、新車価格の差は中古車価格でも出ると言えます。

 

しかし、これは年式が浅く走行距離が少ないハイエースの中古車の場合で、年式が古く、走行距離が10万キロ近くになってくると、断然ディーゼル車の買取価格、査定価格が高くなる傾向にあります。

 

当たり前ですが、ディーゼルエンジンの耐久性は画素理念人よりも高く、走行距離への耐久性も高いと言えます。ディーゼルエンジンのトラックなどは、30万キロや50万キロ、中には100万キロ以上走る車もあります。

 

ガソリン車ももちろん、タクシーなどは30万キロ以上平気で走ります。1日の走行距離が違いので年式的には新しいと言えますが、しっかりメンテナンスをすればガソリンエンジン、ディーゼルエンジン共に耐久性は高いと言えますが、どちらかといえば、ディーゼルエンジンの方が耐久性面では高いと言えます。

 

また、燃費性能面でもディーゼルエンジンの方が高い、燃費が良いので、ハイエースの中古車の場合、ディーゼルエンジンは人気が高く、値崩れも少ないと言えます。

 

10万キロ、20万キロなど国内中古車市場では過走行と言える中古車でもハイエースのディーゼル車は思いのほか中古車販売価格が高く、売却の際の査定価格も高めです。

 

また、海外でもハイエースの中古車は人気が高く、需要が高いので10万キロ以上走行のハイエースの中古車は海外市場へ売却されることが多いと言えます。
海外中古車市場でもハイエースのディーゼル車はガソリン車よりも人気が高い地域も多いので、査定価格も高くなります。

 

10万キロと言えば、中古車として買取に職局的な業者が多くなる車種が多いと言えますが、ハイエースのディーゼル車は、買取に積極的な業者も探せば多いので、査定価格も期待できる金額が出やすいと言えます。

 


10万キロ以上走ったハイエースの査定にはコツがある!

中古車市場では絶大な人気のハイエースでも10万キロ以上走っている中古車はガクッと価値。価格が下がります。

 

同じ年式のハイエースでも10万キロ車と5万キロ車では、30万円、50万円の差が出ることも珍しいことではありません。

 

人気車種でも走行距離は、中古車査定には大きく影響する言え、ハイエースも過走行車、10万キロを目安に中古車販売価格も中古車査定価格、買取価格も違ってくると言えます。

 

しかし、他の車種と比べた場合、ハイエースの中古車は過走行でも比較的、高めの金額で取引される車種、モデルで、特に耐久性の高いディーゼルエンジンのハイエースは、10万キロ以上走行していてもメンテナンスがしっかりしていて程度が良ければ、査定金額も出やすくなります。

 

また、ハイエースは、海外市場でも人気が高く、海外の中古車市場では、走行距離などを日本国内よりも重要視しないことも多いと言えます。日本で思う10万キロと海外での感覚の10万キロでは全然違ってくると言えます。

 

ですので、過走行車、10万キロ以上走っている中古車で、海外市場で需要がある車種やモデルは、海外に売却されることも多く、海外中古車市場のバイヤーや海外中古車を扱う車買取業者の方が、高く買取してくれるケースも少なくありません。

 

ハイエースの中古車は、海外市場を無視できないほどのマーケットになってきているので、ハイエースの売却、特に年式的に国内では売りにくい、走行距離が多く国内では販売しにくい場合は、海外へ輸出されることが多くなっています。

 

10万キロや10年落ちなどハイエースの売却で少しでも高値査定で売却したい場合は、海外中古車市場を視野に入れた査定が取れればベストな査定、有利な査定なると思います。

 

そこで、おすすめしている査定方法が、提携業者数の多い車買取一括査定サイトです。

 

海外の中古車を扱う業者との提携もしているので、登録したハイエースが海外市場でも需要が高ければ、査定は有利に出来ると言えます。